皆さんこんにちは☆


久しぶりの更新
ご無沙汰ですm(_ _)m

やっと暖かくなってきて、
お花見シーズン到来ですね✨



突然ですが皆さん


想い出って
どんな風にしまっていますか?


Σ( ̄。 ̄ノ)ノ?


その時々の感情
鮮度を失わずに
心にとめておくのって
結構難しいですよね


たとえば映画を観て
面白かったとか
つまらなかったとか
感動したとか
ジョニーデップがカッコよかったとか



振り返って
感想を言葉にしたりしますよね


でもそれって本当に
観ていたときに感じたものとは
少し違っていたり

って当たり前ですけど
(。-_-。)


この世に生まれて
ものの名前を教えられて
いつのまにか無意識に
何でも言葉に置き換えないと
安心できなくなっているような


でも言葉って
意外とあてにならないような、、、


たとえば?


「このお酒、飲みやすい」

って言葉

(飲みやすくて美味しい♪)
そのままの意味

(あっさりしていて物足りない(´・_・`))
反語的な意味

(飲みやすくて飲み過ぎちゃうから私酔っ払てもいい?♡)
色っぽい意味


いろんな受け取り方ができますが
必ずしも言った本人の意図と
同じ解釈をできるとは限りません

受け取り方を間違えると
ギクシャクしてしまいますよね(*_*)



想い出は美化される
とか言いますが

それは知らないうちに
感じたことや気持ちを
知っている言葉に置き換えているから
じゃないでしょうか


感じたことを
感じたままに


心にしまうのは
とっても難しいですね

 

「感ずることのあまり新鮮にすぎるとき
 
それをがいねん化することは
 
きちがひにならないための
 生物体の一つの自衛作用だけれども
 
いつでもまもつてばかりゐてはいけない」



Σ( ̄。 ̄ノ)ノΣ( ̄。 ̄ノ)ノΣ( ̄。 ̄ノ)ノ




宮沢賢治さんの
詩の一節です💡




言葉にしなきゃ
伝わらないことも
いっぱいありますけどね☆



で?

っていう話でした(._.)


ね、ネタがないわけじゃ
ないですよっ(ー ー;)笑




さて
今日はイベントですね♪♪

来て下さる方
気をつけていらして下さいm(_ _)m
     

ではまたー✨